トップページ > 高性能建築工法 > ④剛床構造
高断熱省エネ仕様 外壁通気工法 木造軸組工法 基礎パッキン ハイドア・ハイサッシ 剛床構造 ベタ基礎工法 ドライビーム工法

④剛床構造

2階に重厚な合板をビス止めした後に、仕上げをすることにより、強く遮音性に優れた床を実現。耐震性(水平力)も従来工法の2倍近い強度になります。

4_goushou

  

4

 

従来工法

床なりがはやい。重いものをのせるときに補強が必要。

img109

当社工法

二重床構造により、どこに重いものを置いても耐えられる。床下断熱材の併用により冷暖房効果に優れている。 (1F~2Fの遮音効果がアップ)
床・壁にパネルを使用することにより在来工法と比べて逓信性能は3倍近くにアップする。

img108

 

img013 img012

ページの先頭へ
 
新着情報
RSSを購読する