トップページ > 高性能建築工法 > ②基礎パッキン
高断熱省エネ仕様 外壁通気工法 木造軸組工法 基礎パッキン ハイドア・ハイサッシ 剛床構造 ベタ基礎工法 ドライビーム工法

②基礎パッキン

2

 

img100

従来工法

換気孔の所から基礎にクラックが入りやすいコンクリートの水分を土台が吸い上げ、自壊発生の原因になりやすい。 油化したの喚起が均等に得られない。

img101

 

当社工法

換気用の穴がないため、クラックが入らない。基礎パッキンを付けるため、コンクリートの水分が土台にこない。 (木材は全て乾燥材を使用)床下の換気が均等にとれ、換気能力は従来の2倍以上あります。

img102

 

 img005 img006 img007 

ページの先頭へ
 
新着情報
RSSを購読する