トップページ > > プレカット

プレカット


ヨシコウが取り組む「品質精度の安定・均質化」のひとつとして、プレカット技術があります。

プレカットシステムとは、そのようにあらかじめ(=pre)機械で刻み(=cut)の加工をし、上棟現場まで直接配送するシステムです。

プレカットは設計図の情報をコンピューターで読み取り、それを自動加工機によって切削することで精度の高い柱や梁を生産することが可能です。

木造建築住宅の施工において、従来大工さんが建前まで下小屋で板図をもとに材料に墨付けをし、手加工または電動工具を使ってそれぞれの構造材に必要な加工を行ってきました。『刻み』と呼ばれるその作業を工場にて、コンピューターと連動した機械に置き換えたのが、プレカットです。

手作業では、大工さんそれぞれの作業の熟練度により、品質や加工基準にばらつきが生じて、生産管理がしにくいというような問題がありました。この『手』による墨付けの作業から、コンピューターによる図面入力に変わったことで、まず、その後の作業を一定の基準で行うことが出来るというのがプレカットのメリットです。

プレカット加工の詳細はCAD図面で一目で把握することが出来ますので、お客様のご要望に確実に応えていける体制になっています。もちろん、木造住宅施工能率を考える上で、合理化につながったことはいうまでもありません。このようにプレカット加工は、住宅の工期短縮だけでなく、品質管理も安定的且つ容易にしています。つまり、プレカット加工は、大工さん・工務店様へのメリット、その先の一般ユーザーにも納期短縮、コストの低減といった、メリットを与えることができるのです

ページの先頭へ
 
新着情報
RSSを購読する