トップページ > 新着情報

T邸新築工事(完成)

IMG_3659

IMG_3661

IMG_3707

IMG_3656

IMG_3667 IMG_3636

IMG_3666 

IMG_3684

 

IMG_3678 

IMG_3687

IMG_3641 

IMG_3691

I邸新築工事【完成1】

外観1 063

外観

1 065

玄関ホール

1 039LDK

1 045

キッチン収納

1 044 U.B

1 049

階段

1 052 洗面化粧台

1 047

Y邸外壁、垂木塗替え工事【完了】

工事完了千村様邸 012     千村様邸 011

千村様邸 013

 

千村様邸 018

 

千村様邸 014

 

 

千村様邸 015

千村様邸 021

K邸改装工事(着工前、工事完了後)

IMG_0362着工前(キッチン)

 

IMG_0363 着工前(リビング)

 

IMG_0364 着工前(浴室)

 

DSC00203 工事完了後(キッチン)

 

DSC00195

 

DSC00204 リビングが暗いためトップライトで明かりを取り入れました。

 

DSC00197

工事完了後(浴室)

DSC00200  工事完了後(トイレ)

I邸造成工事(完成)

6.23 001

 6.23 003 

 6.23 004

6.23 002

M邸外構工事(完成)

90 022

90 026

 

90 027

90 029

S邸石積み完成

10 031

T邸新築工事(基礎工事外周コンクリート打設)

打設状況

09 024

09 025

 

09 028

T邸新築工事(基礎配筋、防水シート工事)

 

2 117

 

2 013

2 016

 

2 018

配筋完了

09 023

Y邸太陽光発電システム(発電状況)

発電開始2 001

Y邸太陽光発電システム設置工事

  転落防止足場設置0 001

位置出し状況0 002 

ソーラーパネル0 003

支持瓦取付け状況

0 004 

 

0 008

0 009

0 010

 

ソーラーパネル設置状況0 011

 

0 012

 

0 014 

0 015

0 016

 

配線瓦設置状況0 013

T邸新築工事  (地盤調査)

調査方法 スウェーデン式サウンディング試験画像7 008

  

 

画像7 001

 

 

画像7 002

 

画像7 003

 

画像7 005

 

 画像7 006

 

画像7 007

 

画像7 009

S邸オープンハウス

openhouse

OPEN Houseのお知らせ
この裕建築計画NEWS、㈱ヨシコウのブログでもお知らせしてきたS邸が完成間近となり、施主の好意によりOPEN Houseを開催いたします。
1月23日(土)午前11時ころより午後3時頃まで現地におります。
緑区の静かな住宅街にコートハウスタイプの住宅ができました。
木製建具や杉の外壁と裕建築計画の素材がいっぱいの住宅です。是非この機会に御覧下さい。
参加ご希望の方は、ご予約ください。
裕建築計画ホームページの問い合わせフォームかFAXで「S邸OPEN House 希望」とご明記の上、お名前、ご住所、連絡先お電話番号、メールアドレス、参加人数をお知らせください。

㈱ヨシコウのホームページ問い合わせフォームでも結構です。
こちらから詳細地図などお送りいたします。
参加は無料です。

裕建築計画問合せフォーム(リンク)
裕建築計画 FAX:052-788-7761 TEL:052-788-7744

㈱ヨシコウ FAX:(0573)69-3188 TEL:(0573)69-4331

S邸概要
木造2階建 延べ面積 126.90㎡(38.4坪)
屋根:ガルバリウム鋼板ハゼ葺
外壁:杉縦羽目板貼り厚24一部漆喰仕上げ
床:ナラ無垢フローリング
壁:PB+クロス
天井:杉野地表し

第41回中部建築賞(南木曽の家)入選!

 

施工事例20の作品が中部建築賞(南木曽の家)で入選しました!!!

photo

 

1  

kouhyou

審査員コメント。

h 007  

 

画像 006

 

画像 002 

 

画像 003

 

画像 008

 

画像 007  

 

画像 005

S邸現場状況

画像 001

外部木枠の塗装に入りました。 

 

画像 002

 

画像 004

外部木枠廻り防水テープ貼り完了

 

 

画像 007

 

画像 005  

内部造作 狭い所を苦労してまいた

アメニティーとエコロジー、健康と快適な家づくり

風通しがよい・・・そして欧米人は”紙と木の家”といいました。

syouji1  昔の木造住宅は長持ちしたのに、科学、技術が発達した現代の家はまことに短命です。 非は耐久消費財として商品としての工業化したプレハブ住宅、輸入工法にあります。密閉、高気密のこれらの工法は、 通気を欠いたものは短命で国民資産のロスとさえいわれております。 建築木材の腐朽については、「結露防止(湿度を出さない、 入れない)」が建築技術者にとって問われる最大のテーマのひとつです。またユーザー生活者にとっても大きな関心事です。 高気密住宅でなければ「欠陥住宅だ」とされてしまった現在「通気」「換気」「断熱」等を工法によって、 クリアーしなくてはならなくなりました。

 

なぜ通気工法にしなければならないか

kodomo1  私ども建築技術者は、家を建てることはすなわち住まう人の健康を預かる仕事でもあります。  結露による湿度の発生はカビとダニの増殖生因となり、カビ等の微生物(胞子) がいかなる病気とアレルギーをひきおこすか意外に知られておりません。 目のかぶれ、ぜんそく、副腎腔炎、鼻カタル、皮膚病 (アレルギー性)、ガン患者や結核患者の死因の多くが、カビによる肺炎であるともいわれております。 たたみ一畳に180万匹のダニが発見された報告もあります。

 

 

現代において通気工法なき家は大変危険な家です

wood1 家の品質強度とは、”材料使用量”と考えます。そして快適と健康な家づくりとは、通気、換気、断熱、 省エネの施工工法であると考えます。

お電話・Faxによるお問合せ先

電話: 0573-69-4331   Fax: 0573-69-3188
ページの先頭へ